無酸素運動と有酸素運動

ダイエットには無視できない存在である運動。運動にはたくさんの種類があり、それらは無酸素運動と有酸素運動に分けることができます。
無酸素運動では、筋力トレーニングやダッシュなどが挙げられます。有酸素運動では、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、アクアビクス、エアロビクス、エアロバイクなどが挙げられます。
一般的には有酸素運動がすすめられていますが、実は有酸素運動に無酸素運動も組み合わせて行うほうが、ダイエットにとっては効率的なのです。では、無酸素運動と有酸素運動の違いとは、一体どんなところなのでしょうか?

 

無酸素運動とは、呼吸をほとんど止めたような急激な運動をいいます。その激しさに会話なんてできる余裕はなく、すぐに息があがってしまいます。酸素を供給しないので脂肪の燃焼には結びつきにくいのですが、筋肉量に比例するように基礎代謝がぐんと上がります。ですから、脂肪を燃焼させるというよりも、筋肉や持久力をつける事のほうに向いているといえ、太りにくい体質を作るには向いている運動といえるのです。

 

では、有酸素運動はというと、これは呼吸を意識しながらおこなうものであり、運動しながらも会話ができる程。息が急にあがることもありません。しかも、脂肪を燃焼して血液中に含まれる悪玉コレステロールを減少させるに効果的なのでダイエット向き。
とはいえ、あまり無理して有酸素運動をおこなうと、脂肪よりも先に筋肉を分解してしまうといった危険性も。筋肉が減少してしまうと基礎代謝も下がってしまいますから、逆に太りやすい体質になってしまうのです。ですから、有酸素運動はあくまでもオーバーワークになりすぎない程度に留めることがポイントとなります。


基礎代謝を上げることがダイエットを成功させる

ダイエットにおいて、基礎代謝は重要なもの。基礎代謝とは、日常生活において体温を作り出したり呼吸をするなど、生命活動維持に必要なエネルギーをいいます。もっと簡単に言えば、運動していなくても勝手に消費されるエネルギー量のことです。
この基礎代謝が下がってしまうということは、体温が下がってしまうということでもあります。それでは体温を維持するのが難しく…皮下脂肪も溜まりやすいものとなります。基礎代謝が上がる事で、エネルギーを消費しやすくなる…つまりは太りにくい体になるのですから、ダイエットにおいてはできるだけ基礎代謝は高いほうがいいというわけなのです。

 

基礎代謝を鍛えるには、無酸素運動が適役。筋肉をつけることで基礎代謝があがります。さらに、有酸素運動を取り入れれば健康的にきれいに痩せる事が可能となります。有酸素運動だけでは、その場限りのカロリー消費にとどまってしまう可能性もあるので、無酸素運動も取り入れながらやるのが、ダイエットにおいては最も効率的な方法となるのです。

 

ダイエットは継続する事でその効果を得ることができますので、痩せたからといって運動を止めてしまうと、すぐに元通りとなってしまいます。ですから、長く続けられるように、無理のない範囲で取り組むようにしましょう。習慣としておこなうことで、太りにくい体がゆるぎないものとなっていくのです。