5対2ダイエットとは?

いつの時代でも、ダイエットというのは新しいものが生み出されています。「5対2ダイエット」というのもその一つで、2012年にイギリスで生まれた注目のダイエット法です。なにせ、美貌の追求に長けている有名セレブもおこなっているというのですから、やってみないわけにはいきませんよね。日本で注目され始めたのは2年後の2014年頃ですから、「5対2ダイエット」の効果がある程度はわかってきている頃合です。

 

さて、そんな5対2ダイエットとは、一体どうやるのでしょうか?タイトルにある「5対2」とは、1週間の割合を表しています。5日間は好きな食生活をおこない、残りの2日間はプチ断食をするというもの。
このプチ断食の日は別名「ファスティング・デイ」とも呼ばれていますが、プチ断食の日はまったく食べないといったことではなく、女性なら1日500Kcal内、男性なら600Kcal内に抑えるというものです。

 

つまり、プチ断食の食事では、通常のダイエット中に守りたい基本カロリーの4分の1程度にする…ということ。腸内に食べ物が長く残ってしまっていると食べ物の流れが遅くなり、脂肪を吸収しやすくしてしまいます。流れが滞らないようにするのが、プチ断食日。腸内に食べ物を残さない、からっぽの状態にして腸内の流れをスムーズにします。それが脂肪の吸収を抑えてもくれるのです。


プチ断食におすすめの食材

5対2ダイエットでは、プチ断食の日にどういった食事を摂るかがカギとなります。カロリー的にも少ないですから、3食に分けるとなると大変。
ですから、なかには1食にしている人もいます。食事例としては以下のようなことが挙げられます。

 

○バナナ
フルーツのなかでもバナナは腹持ちが良く、そのカロリーは100Kcalほどと低カロリー。しかも、バナナには腸内環境を整える善玉菌のエサ…オリゴ糖が含まれています。便秘解消効果を期待できるだけでなく、美容と健康に嬉しいビタミンCもたっぷり。ダイエット意外にも嬉しい食べ物といえます。
このバナナと相性がいいのが、低脂肪のヨーグルトです。カロリーが低いヨーグルトと合わせて食べてもいいですね。

 

○レタスサラダ
レタスは、まるごと1つ食べても50Kcal以下。レタスだけでは口寂しいので、キュウリやトマトなども添えてサラダにして食べるのがおすすめです。サラダに使うドレッシングは高カロリーになりがちですから、ノンオイル系といった低カロリードレッシングで食べるようにしましょう。ただし、あまり食べ過ぎると体を冷やしてしまいダイエットには逆効果となってしまいますので、食べすぎには注意が必要です。

 

○こんにゃく
こんにゃくはダイエット食品として優秀な食べ物。最近では、こんにゃくで作ったこんにゃくラーメンなんてものまであります。いろんなメーカーから販売されていますが、どれも100Kcal以下となっているのがほとんどなので、これにサラダを添えて食べてもいいですね。

 

他にも、500Kcal以下に抑える食べ物やレシピはたくさんあります。ダイエット食も種類が豊富にでていますから、プチ断食日に活用してもいいですね。