野菜ジュースで1日の野菜必要量が摂れる?

美容や健康を考える気持ちから、野菜ジュースを毎日摂取している人もいますが、これは本物の野菜と比べるとどうなのでしょうか?野菜ジュースの中には「1日に必要な野菜の量が、これ1本で摂れる」なんてキャッチコピーもあるほど。野菜ジュース1本飲むだけで必要摂取量が摂れるなら楽ですね。

 

ですが、野菜ジュースはさまざまな加工が施されていることからも、1日に必要な野菜量を摂るというのは無理なのです。実際に、「1日分の野菜が摂れる」と謳っている野菜ジュースの成分分析を消費者センターがおこなったところ、摂れないことが結果として出ています。

 

ただし、まるっきりウソをいっているわけではありません。消費者センターでの結果はあくまでも栄養的な面からいっているものであり、原料として使用している量としては、350gを満たしているのです。栄養面を考えると、面倒でもきちんと調理して食べるのがいいのですね。


野菜ジュースは栄養たっぷり?

市販されている野菜ジュースでの中でも、「1日分の野菜が摂れる」と言っているジュースには、約350gを目安にしています。この350gというのは、厚生労働省が推奨している数字。健康を維持するのには、これくらいの野菜を1日に食べなくてはいけない…としています。350gと聞くと軽い印象を受けますが、これが実際に食べるとなると結構な量となります。だからこそ、野菜ジュースとして手軽な方法が注目されています。

 

ビタミンは、2種類に分けることができます。加熱調理に弱い水溶性ビタミンと、加熱調理に強い脂溶性ビタミンです。野菜にたっぷりと含まれているビタミンCは、残念な事に加熱調理には弱い水溶性ビタミンとなりますので、野菜ジュースにしてしまうことで破壊され、実質的に残っていない事になります。
なぜなら、ジュースにする調理家庭において、殺菌の為に加熱処理が施されるからです。ですから、いくらたくさんの野菜を使っていようとも、1日に必要な野菜量で作っていようとも、そこに美容や健康、そしてダイエットに役立つビタミンCを摂取することはできないのです。

 

さらに、ダイエットにおいては重要な食物繊維。野菜には食物繊維が豊富に含まれていることからも、たくさん食べなさいといわれています。この食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性(非水溶性)食物繊維の2種類に分けることができます。水溶性食物繊維は植物の細胞壁内の貯蔵物質や分泌物…つまりは汁ですね。これをいいます。水溶性というくらいですから、水に溶けやすい性質となっています。ところが、不溶性食物繊維は細胞壁そのものをいうので水に溶けません。

 

ということは…出来上がった野菜ジュースには、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も両方とものこっていることになります。ビタミンCは無理だけど、食物繊維は摂れるのね…と喜びそうですが、これも実は違います。市販される野菜ジュースでは飲みやすさも重視されているので、口当たりが悪くなってしまう不溶性食物繊維は取り除いてしまうのです。手軽に野菜の栄養が摂れるようなイメージがありますが、実はそうでもないのです。