炭水化物が大好きな人は、炭水化物中毒に注意!

ダイエットにおいて、炭水化物の摂り過ぎは太る原因となっています。それはなぜなのでしょう?

 

炭水化物は、主食となる米や麦、麺などにたっぷりと含まれている栄養素です。必要な栄養素であることには変わりありませんので、ダイエット中は控えるといっても極度に取り除いてはいけません。健康を保つために必要量というのは摂取するようにします。なぜ炭水化物は太るといわれているのかというと、その中に「デンプン」が含まれているからです。
デンプンは、いわゆる「」の事。だから過剰に摂取すると太るのです。太っている人というのは、炭水化物が大好きであることが多いです。だからこそ太ってしまうともいえるのですが、あまりにも食べる量が多い事からも、炭水化物中毒になってしまっているともいえます。

 

炭水化物を食べると、インスリンというホルモン物質が分泌されます。それが炭水化物を糖に変換させ、変換された糖は血液が各細胞に運んでいくこととなります。血液中に糖が増えると、その濃度を示す血糖値がぐんと上昇します。インスリンは炭水化物を糖に変えつつ、血液中に糖が増えすぎるのを予防するといった二つの働きをもっており、血糖値が上がり過ぎるとさらにインスリンを分泌してそのバランスをとろうと努めます。ところが、血糖値が急激に下げられると、今度は血糖値を上げようとして脳が糖を要求するようになります。これが、とまらない炭水化物への依存…つまりは炭水化物中毒となるのです。


炭水化物中毒を改善させるには?

「炭水化物が大好き」という人は、以下の項目にどれだけ当てはまるかチェックしてみましょう。

 

○食後、すぐに眠くなる
○お腹が空いた状態では寝られない
○あまり噛むことがしないで飲み込むことが多く、早食い
○食べてもすぐにお腹がすく
○ご飯がないと食事する気にならない
○誰かが食べ始めると自分も食べる
○お腹周りに脂肪がついている
○お酒を飲んだ後は、炭水化物が欲しくなる
○休んでいるのに疲れがとれず、いつも疲労感を感じている
○意味もなく苛立ちや不安感を感じている

 

…こうした症状に多く当てはまる人ほど、炭水化物中毒になっている可能性が大です。一度なると治すのはなかなか難しく、根気が必要なものとなります。単純に「炭水化物を食べなければいい」なんて事をしてしまうと、痩せることはできても、今度は健康状態が悪くなる可能性があります。

 

それよりも、白米をやめて玄米などに変えてみることのほうが効果的です。ビタミンや食物繊維など…白米から取り除かれてしまった栄養が玄米にはたくさん残っていますし、なによりも噛みごたえがあるので自然と噛む習慣がつき、食べるスピードもゆっくりとペースダウン。ゆっくり食べると、少ない量で満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを予防してくれます。満腹中枢は食後20分で反応するようになると言われていますから、できれば炭水化物は最後に食べるようにしたいもの。こうした何気ない取り組みが、炭水化物中毒から抜け出し、ダイエットを成功させるものとなるのです。