体脂肪率の仕組み

ダイエットをするうえで、しっかりと把握しておかないといけないのが体脂肪率です。体脂肪率とは、体にしめる脂肪がどれくらいあるのか…といった事を数字で示すものです。この体脂肪率を計る為に必要となるのが、体重計です。最近の体重計は、ただ単に体重を測るだけでなく、体脂肪率を計る機能もついていることがほとんど。ですから、家庭で体脂肪率を計るのも管理するのも、それほど難しいものではなくなっています。なかには記録を取ってくれる体重計もあるのですから、随分とハイテクになったものです。

 

とはいえ、正しい計り方を知らないと、いくら体脂肪計測機能付き体重計があっても意味がありません。やるからには、正しい計り方を身に着けるようにしましょう。

 

まず、市販されている体脂肪計測機能付き体重計では、手足に微弱な電流を流し、そこに発生する電気抵抗を測定して体脂肪率を推定しています。その電流の影響は、人の体を構成している組織部分によって変わってきます。水分量の多い筋肉や血管は電気を通すけれども、水分を含まない脂肪組織はほとんど電気を通さない…といった違いがあります。ですから、電気抵抗が多い人は脂肪が多いとして体脂肪率が高くなり、電気抵抗が少ない人は脂肪が少ないとして体脂肪率も低い数値となるのです。

 

とはいえ、手足に含まれる水分量というのは常に一定…というわけではありません。手足の水分量というのは、食後に減ります。その理由は、食事することによって胃袋に血液が集まるから。ですから、食後に体脂肪を測定すると手足の水分量が減っているので脂肪が増えたとみなされてしまい、体脂肪率が高い数値となってしまうのです。これは、食べ過ぎると特に体脂肪率が上昇したかのような結果となります。

 

逆に、運動した後やお風呂上がりには手足の水分量が増えますので、この時の体脂肪率というのは低くなっています。運動後は筋肉に溜まっていた代謝産物の保水作用により、お風呂上がりは手足の角質細胞が水分を吸収してしまうことから水分量が増加しているのです。体の状態というのは常に一定ではないので、それによって体脂肪率も左右されてしまうのです。


体脂肪率の測り方

コロコロと変わりやすい体脂肪率を正確に測るには、できるだけ「同じ条件」でおこなうことが大事。1日の中でお勧めなのが、朝の起床時です。この時間帯が一番正確に近いといわれています。そして、測定値だけに注目するのではなく、どれだけ変わってきているのか…その変化率を重視するようにします。

 

体脂肪率は、できるだけ同じ条件の元で測定しなければ、同じ日であっても多少の誤差が生じるものとなります。それは水分量の違いなどから、電気抵抗に変化が出てしまう為でもあります。しかも、体脂肪率を計れる体重計というのは、メーカーによってその仕様が異なります。体脂肪率を推定するための標準体重といったものの数値も違うので、体脂肪率としてでた数字よりも、どれだけ変化したかを見る方がより正確につかむことができるのです。